MENU

化膿性扁桃腺炎の原因・治療

スポンサーリンク

化膿性扁桃腺炎というケースもあります。
化膿性扁桃腺炎はどのようなときに起こる症状なのでしょうか。
原因を知り、治療に専念してください。

 

【化膿性扁桃腺炎とは】
喉が痛く高熱が出て食事もままならず、しかも腫れて白い膿を伴うという場合、既にそれは、化膿性扁桃腺炎を患っている可能性があります。それは、扁桃腺炎とはちょっと違い、化膿性の扁桃腺炎なのです。
ウイルスそして、ウイルス以外にも原因があるかもしれません。

 

【ウイルスが原因している】

 

化膿性扁桃腺炎は、ウイルスが原因というケースもあります。
アデノウイルス、単純ヘルペスウイルス、エンテロウイルス、EBウイルス(イービーウイルス エプスタイン・バーウイルス)などのウイルスが原因となり、病気が発症します。
更にヘルペスで発症する手足口病などがありますので、症状の区別をつけるようにしてください。

スポンサーリンク

 

【細菌が原因しているかも】
更に、細菌によって、化膿性扁桃腺炎が起こる場合があります。 日和見感染という言い方もして、皮膚・粘膜に常駐している細菌が身体の免疫力の低下に伴って、このような病気が起こることになります。

 

溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)、肺炎球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌などの細菌があります。

 

【原因は免疫が低下している】
免疫が低下している場合もあります。
うつ病や不眠症、更に、自己免疫疾患によって、日和見感染が起こる場合もありますし、睡眠時無呼吸症候群、蓄膿症や歯周病などが原因となる場合もあります。

 

【治療方法は……】
次に、どのような治療をして行けば良いかということについて考える必要があります。
決して、自分で治療出来るという病気ではない場合もありますが、ただし、治療なしでも、2〜3日たてば、自然治癒する場合もあるといいます。
基本、治療する場合において、薬物治療が行われます。 ウィルスなどが原因ですと感染の危険性もあるので、やっぱり、病院と向きあい、しっかり治療する必要がありそうです。
細菌の場合では、細菌の退治は、2日程で出来たとしても治療全体では、一週間ほど時間がかかります。

スポンサーリンク