MENU

扁桃腺炎の日帰り手術は可能?体験者の声を聞く!

スポンサーリンク

極度に進行した扁桃腺炎の治療は入院が原則でしたが、最近では高周波メスを使用した日帰り手術が注目されています。
入院をせずに扁桃腺炎を完治させられるのなら仕事や学校を休む必要もなくなり、プライベートへの影響を最小限にとどめることができます。
ただし、症状によっては日帰り手術が適応されない場合もありますので、具体的なケースをまじえて解説していきます。

 

(日帰り手術のメリットと事前に確認すべきポイント)

 

日帰り手術は基本的に1日で治療が終わるということですから、従来の入院治療のように数週間病院内に拘束されることもありません。
手術後に想定外のトラブルがなければ数日後には仕事復帰も可能となります。
治療をスピーディに行える日帰り手術は忙しい現代人のニーズの中で生み出された、時代に合った医療のかたちと言えるのかもしれません。
超音波を応用したメスを使用するため従来の術式よりも痛みが少なく、体への負担も軽減できるメリットがあります。ただし、国内ではすべての病院で対応しているわけではありません。
そのため、どうしても日帰り手術が受けたいなら事前に病院のメニューを調べ、対応しているところを受診する必要があります。

スポンサーリンク

 

(症状を見きわめて!扁桃腺炎で日帰り手術が適用できないケース)

 

現時点では、扁桃腺炎の日帰り手術に対応している医療機関は国内でもそれほど多くはありません。
また、対応可能と掲げているところであっても、扁桃腺炎の症状や患者の体力レベルによっては適用外と判断される場合もあり、そうしたケースでは従来通り入院治療が選択されることになります。
また、術後数日のうちに扁桃腺が腫れあがったり、痛みがひどくなったりした場合にはただちに入院による外科治療に切り替えられます。
扁桃腺炎の入院を必要としない即日治療は、時間的拘束の少なさや体力面での負担の軽さなど多くのメリットがある反面、適用される範囲がせまいなどの注意点もあります。
最終的には担当医が判断することになるため、治療前には入念な相談を繰り返しましょう。

スポンサーリンク