MENU

膿み 痛いけど熱はない扁桃腺の症状

スポンサーリンク

扁桃腺が、熱はないのに膿みがあり、更に痛いという症状は、何か気をつけるべきことがあるのでしょうか。
結構、このような症状の人たちが多いといいます。

 

【扁桃腺の膿み、痛いけど熱はない】
実際に、扁桃腺が腫れて熱が出るというケースもあります。
そうでない場合も、多く起こるようです。このような熱はない症状は、特別なことではなく、急性扁桃腺炎にかかっているケースです。
膿み、更に、喉の痛み、喉の異物感があって、片方の顎下のリンパ腺の痛みなどがおこり、更に耳の痛みや頭痛、 歯茎が腫れたりという症状が起こります。
実際に、熱はないのかもしれませんが、急性は、まさに不快のオンパレードです。

スポンサーリンク

 

【扁桃腺の膿み、痛いけど熱はない症状の対策】
急性扁桃腺炎の症状の対策は、どのようなことを考えると良いのでしょうか。
まず、安静にするというモチベーションを持つようにしましょう。安静にして休み、そして、しっかり栄養を取るようにしてください。
そして、出来れば病院へ行く方が良いです。
病院へ行かないと、それだけ症状は改善しないまま、時間を要してしまうかもしれません。
飲酒も、スポーツも出来れば控えるようにしたいものです。
熱はないけど、膿み、更に、喉の痛みがひどいから、なかなか食欲もわかないのかもしれませんが、そのような時は、スープや麺類など食べやすいものを選択していただき、更に栄養ゼリーなども利用して兎に角栄養をつける意識を持つようにしましょう。

 

【仕事学校は休むべき?】
痛い、膿みかあるけど熱はない症状で、実際に仕事や学校を休んでいる人たちも多くいます。実際に、そこまでする必要はあるのでしょうか。
やっぱり、安静という意味では、仕事、学校も休むことがベターです。
しかし、なかなかそのような状況を許してもらえない場合もありますので、医師と相談をして判断するようにしてください。

 

いかがでしょうか。
痛い、膿みはあるけど熱はない事態は、扁桃腺炎にとって実際にそれ程珍しい症状ではありません。

スポンサーリンク