MENU

繰り返す扁桃腺炎の原因とは

スポンサーリンク

人によっては、喉が弱く、扁桃腺が腫れあがる扁桃腺炎を何度も繰り返すことがあります。
繰り返す扁桃腺炎には、どのような原因が考えられるのでしょうか。
扁桃腺炎の適切な治療方法などをご紹介いたします。

 

【扁桃腺とは】
扁桃腺は、喉の奥の口蓋垂と呼ばれるぶら下がっている部分の両脇にある、リンパ組織のかたまりです。
アーモンドのような大きさから名前を取って、口蓋扁桃とも呼ばれることがあります。
扁桃腺をはじめとして、喉の奥にあるアデノイドや耳管扁桃などのリンパ組織は、外部からの細菌、ウイルスが気管と肺に入らないようにブロックをする重要なはたらきがある組織です。

 

【扁桃腺炎とは】
扁桃腺は、外部から侵入をしてきた細菌、ウイルスの矢面になって防いでいるというはたらきと、表面にぼこぼこした穴が開いている形状のため、細菌に感染しやすく、扁桃腺炎になることが多い組織でもあります。
もっとも大きくなる幼児期に頻繁にみられる病気です。
大人になっても、扁桃腺が小さくならず、何度も扁桃腺炎を繰り返す状態を、慢性扁桃腺炎と呼びます。

スポンサーリンク

 

【繰り返す原因とは】
扁桃腺に病気の元となる細菌が常にあることが原因です。
そのため、ちょっとした疲れやストレスなどによって、身体の抵抗力が弱くなるなど、いろいろな原因で扁桃腺炎が起こることが多くなります。

 

【繰り返す扁桃腺炎が原因になる疾患】
繰り返す場合、扁桃腺以外の全身にまで影響が及ぶことがありますので、注意が必要です。
病巣感染と呼ばれる状態で、溶連菌が常在している場合、皮膚になんらかの影響が出たり、場合によっては腎炎や心内膜炎といった疾患の原因となることもあります。

 

おおよその目安として、年4回以上繰り返す、また扁桃腺や周囲のリンパ節の膿瘍といった重い症状がみられる場合には、全身の病気の原因ともなりますので、手術をすることをすすめられることもあります。
早めに受診をして、医師の判断を仰ぎましょう。

スポンサーリンク