MENU

扁桃腺炎が治るまでの平均的な治療期間

スポンサーリンク

季節の変わり目等、体調を崩して扁桃腺炎になると、辛い症状が続きます。
治るまでの治療期間はどれくらい必要になるかを見て見ましょう。

 

【扁桃腺炎の特徴と原因】
扁桃腺は口を大きく開けると見ることができる、喉の奥にある下の付け根辺りにあるコブのようなものを指し、扁桃腺炎とは、この扁桃腺が炎症を起こして様々な症状を引き起こすことを意味します。
本来、扁桃腺は体外から侵入するウイルスや細菌から体を守る役割を担っており、インフルエンザ菌や黄色ブドウ球菌等が増殖することが原因で炎症を発症します。

 

【扁桃腺炎の症状】
初期症状は、扁桃腺が赤く腫れて痛みを感じます。
また、その為に飲食時に喉で違和感を感じることがあります。その後、38〜40度の高熱や、強い痛み、頭痛、倦怠感、寒気等の症状が出ます。初期症状では風邪と勘違いすることが多々ありますので、注意が必要です。
では、どれくらいの治療期間が必要になるのでしょうか。

スポンサーリンク

 

【扁桃腺炎が治るまでにかかる治療期間】
扁桃腺炎を発症すると、原因となるウイルスや細菌がなくならない限り改善されません。病院に行って診察を受け、適切な薬を処方してもらうようにしましょう。
治るまでに必要な治療期間の目安としては、2日程でウイルス等は退治され、その後炎症が治るまで待ちます。炎症が治るには5〜7日間程治療期間を要しますが、この治療期間に無理をしてしまうと、完全に治るまでに再発してしまいますので、しっかりと治るよう安静にしなければいけません。

 

【早く治るまでの対策】
扁桃腺が乾燥していると腫れや痛みがなかなかひかない場合がありますので、濡れマスク等を利用して対策しましょう。
また、みかん等の柑橘類を食べることで、ビタミンCやビタミンEを摂取することによって免疫力を高めたり、抗炎症作用の効果が期待できます。
扁桃腺炎にかかったら、治るまでの治療期間の目安は7〜10日となります。
日頃からうがい、手洗いを徹底して、病気にならないように対策を怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク