MENU

扁桃腺炎の腫れには市販薬のロキソニンが効くって本当?

スポンサーリンク

扁桃腺炎が腫れた時、効果がある市販薬があるのをご存知でしょうか。
その市販薬とは、鎮痛剤として知られているロキソニンです。
本来鎮痛剤である市販薬のロキソニンが、何故扁桃腺の腫れに効果があるのでしょうか。

 

【市販薬のロキソニンについて】
実は、ロキソニンは扁桃腺炎の治療薬として知られており、ドラッグストア等で売られている市販薬として処方箋不要で購入することができます。
もちろん、病院でもよく処方されるお薬ですが、効能としては、解熱や鎮痛効果、そして炎症や腫れを抑える強い効き目のある薬です。
主な利用として、関節リウマチ、関節痛、神経痛、風邪等の喉の炎症、気管支炎等、炎症や痛み止めとして使用します。

 

【扁桃腺炎の症状について】
扁桃腺炎とは、ウイルスや細菌によって引き起こされる炎症で、本来免疫機能が働いていれば防ぐことができますが、ストレスや風邪等の影響により、その免疫機能が上手く働かない等の理由で細菌やウイルスが増殖してしまい、炎症となり腫れてしまいます。

スポンサーリンク

 

【扁桃腺炎にロキソニンが効く理由】
扁桃腺炎を発症した場合、ほとんどのケースが薬物治療となりますが、殺菌作用のある抗生物質が用いられます。
市販薬のロキソニンにその効果が期待できるのかと言えば、ロキソニンには扁桃腺の腫れによる痛みを抑えて、細菌を殺菌する作用があると同時に、解熱作用もありますので、扁桃腺炎による発熱の際には大変効果的と言えます。
扁桃腺の腫れに効果的な市販薬は、ロキソニンの他にもいろいろなものがあります。
抗生物質を含有するものが増えており、扁桃腺の治療に効果的な市販薬として注目を集めています。

 

【免疫力を高めて治癒】
本来、細菌やウイルスは人の免疫機能によって殺菌できますが、弱っている場合は影響を受けやすくなります。
日頃の生活や食生活、睡眠不足等をまずは見直して、体内の健康を取り戻す努力が必要です。

 

多くの家庭で常備薬として活躍する市販薬のロキソニンについて、扁桃腺の腫れにも有効な薬です。
しかしながら、腫れを抑えたとしても、根本的な殺菌作用はありませんので、炎症を和らげる効果として使用されると良いと思います。
しっかりと治療する為には、必ず医師の診断を仰ぎ、適切な処置をするようにしましょう。

スポンサーリンク