MENU

扁桃腺炎の腫れ 冷やすと効果的作用がある

スポンサーリンク

扁桃腺炎の腫れは冷やすといいといいますが、それは正しい方法なのでしょうか。
冷やすことで、どのような効果・作用を期待出来るかお話しをしましょう。

 

【扁桃腺炎の腫れがひどい】
扁桃腺炎の腫れがひどいとき、冷やすことがいいと思っている人たちもいれば、あたためる方がいいと思っている人たちもいます。
まさに、冷やすとあたためるので真逆ですよね。正しい作用・効果を期待出来る方法を是非とも見付ける必要があります。

 

【扁桃腺炎は冷やすのが正解】
正しい作用・効果を期待したいのなら、扁桃腺炎の腫れは、冷やすことで、正しい効果・作用を期待出来ます。
扁桃腺炎の腫れれによって、首の付け根のリンパ節が腫れることになります。
この部分は、まず、冷やすことで、腫れの炎症を抑えることが出来ますし、痛みを軽減することが出来ます。

スポンサーリンク

 

【扁桃腺をあたためてしまうことで起こる作用】
逆に、扁桃腺をあたためしてしまうことも、実際には起こりうることです。
そのようなとき、どのような作用が起こるのでしょうか。
あたためることで、血流が良くなってしまうのです。
すると効果・作用とは裏腹に、痛みがよけいひどくなってしまうのかもしれません。

 

【実際に、あたためることに問題がある訳ではない】
しかし、実際にはあたためるという方法が、効果的でないということではありません。
腫れがひき、治りかけているときには、あたためることに問題がある訳ではありません。
更に、首筋を冷やすことは、風邪がひきやすくなることなので、マフラーやハイネックの服を着るなどして喉を守る効果・作用も必要になりそうです。

 

【なんで扁桃腺炎の痛みが起こるのか】
さて、その部分の腫れはどうして起こるのでしょうか。
それ以外にも症状では、発熱、特に38℃以上の高熱や、ノドの痛みや物を飲み込む時の痛み、寒気や震え、関節痛、頭痛などが起こります。
その原因は、ウイルスや細菌の増殖といいます。
普段は免疫機能が正常に働くことで常在菌は増殖しないのですが、風邪や疲れなどで身体の免疫力が落ちると、これらの菌が増殖することになり症状を発症します。

スポンサーリンク