MENU

扁桃腺炎の熱症状がなかなか下がらない原因

スポンサーリンク

扁桃腺の炎症になって症状がなかなか下がらないという人たちもいます。
その症状の原因はなんなのでしょうか。

 

【扁桃腺炎の熱症状、期間はいつまで】
果たして、扁桃腺炎にかかった人たちは、熱症状にどの程度の期間辛抱しなければならないものでしょうか。
ひょっとしたら、本来、扁桃腺炎とは、なかなか熱が下がらないものなのかもしれません。

 

【扁桃腺炎の原因】
扁桃腺炎の熱の症状の原因は、細菌、ウイルスが原因で起こります。
風邪、疲労、喉の乾燥などが引き金になって、常在菌であるウイルスが増殖して、扁桃腺炎の熱症状が起こることになります。
初期の症状では、喉が赤く腫れて、痛みが出て、食べ物を飲み込むときに喉に違和感があったり、38度〜40度の高熱がでて、なかなか下がらないこともあり、頭痛や倦怠感、激しい寒気が出る場合もあります。
熱がなかなか下がらない症状もあり3日〜5日ぐらいの期間は下がらないと考えた方が良いです。
更に、39度以上の熱が、一週間程まで長引くこともあります。

スポンサーリンク

 

【扁桃腺の理由は】
なかなか症状が下がらないのが、扁桃腺炎として考えることが出来ます。
そもそも、下がらないわけはなんなのでしょうか。
それは、風邪と似ているものの、やっぱり、単なる風邪とは違うようです。
既にお話しもしてますが、扁桃腺炎は細菌か、あるいはウイルスが原因としています。
「インフルエンザ菌」や「溶血連鎖球菌」、「肺炎球菌」更に「黄色ブドウ球菌」などの常在菌があり、風邪・疲労・のどの乾燥などの原因によって結構簡単に増殖してしまうものなのです。

 

【原因を究明して治療へ】
原因を追求して、しっかり治療に専念することも大事です。原因・治療を明確に行うことで、急性扁桃腺炎から、慢性化することを回避することが出来ます。
扁桃腺の炎症を一年に5回以上繰り返すケースになってしまう可能性もあります。
治療にはペニシリン系抗生物質の内服や、のどの消毒、鎮痛解熱剤を使用します。
おそらく1日か2日程安静にしていれば改善するケースが多いですが、念のため入浴は避けた方がいいでしょう。

スポンサーリンク