MENU

扁桃腺肥大における遺伝の影響

スポンサーリンク

扁桃腺が大きい(扁桃腺肥大)ことによって生活に悪影響を及ぼすことがありますが、原因には遺伝という要素も無視できないようです。

 

【扁桃腺肥大と遺伝の影響とは】
病気の中には、「親がかかった場合子供も罹りやすい」、というような、遺伝という要素が強く現れるものがあります。例えばガンなどは、親や祖父母がなった場合、子供もなりやすい、とされています。
遺伝の関係性において、親と子、または祖父母、そういった親しい関係性において遺伝という要素の影響は無視できない場合が多々あります。
いわゆるその「無視できない」要素の一つに、扁桃腺肥大があります。扁桃腺肥大と遺伝はどのように関係しているのでしょうか。

 

【扁桃の大きさと症状】
いわゆる扁桃炎などの症状は、比較的体が発達段階の子どもの頃に見られることが多いものです。
この症状として、発熱や痛みなどの症状が見られます。ものを飲み込むときなどに強い痛みを伴うことがあり、子供にとっては辛い症状ともなります。
ただしこれは「感染性」の扁桃炎であり、遺伝は主に扁桃の「大きさ」に顕れます。
扁桃の大きさによって、子どもの頃から睡眠時にいびきをかくようになる場合があります。
これは体型による原因ではなく、扁桃が大きいことによるものです。

スポンサーリンク

 

【手術が必要な場合も?】
遺伝の影響によって扁桃の大きさが大きいことがあります。そのまま生活しても問題がない場合と、呼吸の障害(睡眠時無呼吸症候群)等がある場合、小さくする手術が必要な場合があります。
子供の手術においてはどの段階で告知、手術する決断をするかという点を考えなければなりません。
扁桃腺肥大の手術は少なくとも子供にとっては身体的、精神的に負担となるからです。
また、手術費用も10万円以上かかる場合があり、早いうちからいずれ手術が必要になることがわかっているなら、学資保険などに加入することで、金銭面での負担を減らすことは可能です。

 

【子供への影響を考える】
扁桃腺肥大によって睡眠時等の呼吸が正しく行われない場合、体の成長や発達にも悪影響を及ぼす場合があります。
扁桃腺肥大の手術を行うかどうかを考える際、そういった将来への影響があるという点も考慮に入れることができるでしょう。

 

扁桃腺の大きさは遺伝に影響されることがあります。症状によっては手術も必要です。

スポンサーリンク