MENU

扁桃腺肥大手術の費用や必要な値段とは

スポンサーリンク

喉の奥にある扁桃腺が大きくなり過ぎた状態を扁桃腺肥大と呼びます。
場合によっては外科的な手術を行って治療することもあります。
この手術の費用はどのくらいでしょうか。
また手術や入院に必要な準備品の値段はどのくらいかご説明いたします。

 

【扁桃腺肥大とは】
扁桃腺とは、喉の奥にぶら下がっているような形の口蓋垂(こうがいすい)の左右の脇にある、リンパが集まっているいわばコブのような状態となっている場所を指します。
そのかたちから、口蓋(こうがい)扁桃とも呼ばれています。
一般的なサイズよりも、また、必要以上に扁桃腺が大きな状態を、扁桃腺肥大と呼ばれます。

 

【扁桃腺の役割、扁桃腺肥大の理由】
扁桃腺は口や鼻から入ってくるウイルスなどの侵入を食い止めるというはたらきがあります。
そのため、免疫のはたらきが十分に整っていない、幼児の時期に大きくなり、免疫のはたらきが十分発達する思春期の頃には、ほぼ大人と同じ大きさになります。
多少大きな場合には、経過観察を行いますが、左右それぞれの扁桃腺が同じように見えてしまうほどの扁桃腺肥大になると、いびきやよだれが増えたり、飲食時に問題が出ることがあり、手術を行うこともあります。

スポンサーリンク

 

【扁桃腺肥大手術の費用、値段】
扁桃腺肥大の手術は、全身麻酔で行うため10日間ほどが必要となります。診察料などの値段はどの病院でもほぼ同じです。
手術の費用だけでなく、手術の前後に行う検査の費用などおおよそ10万円ほどの値段がかかります。
入院日数に合わせて、3回の食事の値段や個室などで差額ベッド代などの費用が発生すると、その値段が別途かかります。
またコインランドリー代や、テレビカードなどのこまごまとした費用、着替えなどの値段も別途かかります。

 

扁桃腺肥大の手術は、多くの病院が取り扱っています。
入院のための病院を選ぶ場合には、診療でかかる費用以外にも必要とされる費用や値段を比較して選択すると良いでしょう。

スポンサーリンク