MENU

扁桃腺肥大の症状は大人になっても見られる

スポンサーリンク

若い世代がなりやすい編導線肥大ですが大人になってからも、手術が必要になることはあるのでしょうか。

 

【扁桃腺肥大とは?】扁桃腺肥大・症状・大人
病気には、子どもの頃に罹りやすい病気と、大人になってから罹りやすい病気があります。
また、本来であれば子どもの頃に罹りやすいとされている病気でも、大人になってから初めて発症することもあり、その場合症状が重症化するケースも稀にあります。
子どもの頃に罹りやすい病気の一つに、「扁桃腺肥大」があります。扁桃腺肥大とは、その名の通り喉の「扁桃」という部位が赤く腫れることで、痛みや発熱を伴う場合があります。

 

【子どもがなりやすい扁桃炎】
扁桃腺の状態に応じて、主に3つに症状を分類することができます。
一つ目が、どちらかというと大人よりも子どもがなりやすい「扁桃炎」です。
扁桃炎は腫れるだけではなく、扁桃に白い膿が発生し付着するという特徴があります。
治療には主に抗生物質を用います。少し症状の重い風邪と似たような症状となります。

スポンサーリンク

 

【大人でも注意、扁桃腺肥大】
子どもの頃に扁桃腺が縮小しない等の理由で大人になってからも扁桃腺肥が大きいことがあります。
ただそれだけで病気というわけではなく、そのために扁桃腺が腫れたり、無呼吸症候群を頻発するという危険性があります。これが、大人になってからも注意しなければならない症状です。
その場合、外科的な手術によって扁桃腺の大きさを小さくするという施術が必要になる場合があります。また、子どもの頃からいびきをよくかく、などの症状が顕れている場合も注意が必要です。
もう一つ大人がなりやすいのが、「扁桃周囲炎(扁桃周囲膿瘍)」です。
これも20?30代以上に多く見られます。

 

【扁桃腺肥大を予防するためには】
基本的に、扁桃炎などの症状は感染性の風邪などの予防と同様、自身の免疫力を高めることが効果的です。
それには日々の食生活や睡眠などとても基本的なことがポイントとなっています。
ただし、体質上そういった簡易的な予防策では不足し、本格的な治療が必要な場合もありますので、喉のあたりに違和感を感じたならすぐに検査することが懸命であると言えます。

 

扁桃腺肥大は、ある程度年齢を重ねてからでも症状によっては手術が必要になる場合があります。

スポンサーリンク