MENU

扁桃腺の手術とタバコの影響について

スポンサーリンク

人間は口や鼻から空気を取り入れるようになっています。
そのなかで口や鼻から異物を吸い込んでしまうと言うことがありますが、喉を守るために機能しているところが扁桃腺と呼ばれるところとなっています。
扁桃腺炎という病気がありますが、これは異物を吸い込んでしまったり、体力が低下しているときに、扁桃が炎症を起こす症状のことになります。
毎日の生活の中でタバコを吸うという人がいますが、タバコにはたくさんの有害物質が含まれています。
したがって慢性的にタバコを吸うという人は、この影響を受けています。
常に異物を口や鼻から吸引していると言うことになります。
したがって扁桃腺に何らかの異常が発生しやすくなっています。
タバコにはタールという物質が含まれています。
これが扁桃腺に影響を与えるようになっています。
タールには強い粘着性があり、これが部屋を汚す原因の一つとなっています。
タールを吸うと扁桃に付着するようになっています。
すなわち部屋が汚れているのと同じ状態です。

スポンサーリンク

扁桃腺が炎症を起こして体に影響を与えていると言うときにはしっかりと治療をしなければいけません。
このときに行われているのが手術になります。
この手術はメスを使って扁桃腺を取りのぞくという方法になります。
外科手術が行われるようになっていますが、ほかの手術と同じように患部が傷つくと言うことになるので、手術を行ってから1週間程度は痛みが発生するようになっています。
この期間はタバコを吸うことは厳禁となっています。
それは喉に影響を与えるからです。
手術の傷口がふさがっていないときにタバコを吸ってしまうと、悪影響を及ぼすことになります。
しばらくは喉が痛いと言うことで、食事をすることが困難なこともあります。
したがって喉の痛みが解消されるまでは点滴で栄養補給をするということもあります。
またタバコだけではなく話をすると大きな影響があるので、医師から指示があるまでは話をすることもできません。
いくつかの注意事項があるのでそれをしっかりと守るようにします。

スポンサーリンク