MENU

子供の扁桃腺炎といびきの原因

スポンサーリンク

疲れているときにはいびきをかくことがあります。
これは大人に多く見られるものとなっていますが、子供がいびきをかくと言うことも珍しいことではありません。
子供がいびきをかいて寝ているという場合には、何か原因が隠されています。
いびきというのは、喉の奥にある口蓋垂に空気が通るときに発生する振動音と言うようになっています。
口蓋垂が長い人や幅が広い人は気道が狭くなっています。
したがっていびきが発生しやすくなっています。
子供は基本的にはいびきをかかないことが多くなっています。
しかし症状が見られるときには次のような原因が考えられています。
子供の場合扁桃腺炎を引き起こしているという可能性があります。
子供に症状が現れる多くは、扁桃腺炎が原因となっていると考えられています。
扁桃腺炎とは、炎症を引き起こして気道が狭くなったと言うことが原因となっています。
これは決して珍しいことではありません。
4歳から6歳の頃に多くなっています。

スポンサーリンク

子供がいびきをかくと言うときにはいくつかの原因が考えられていますが、扁桃腺炎の可能性が大きいので、病院を受診して検査を受けるようにします。
扁桃腺炎が原因となっている場合には、手術で摘出をしたり切除をするという方法があります。
気道を塞いでいる扁桃腺を摘出する手術を行って、気道を広げると症状が改善されるようになっています。
全身麻酔を行って入院をする必要がありますが、入院期間は約1週間程度となっています。
これは呼吸が苦しそうなときや繰り返し扁桃腺が腫れて熱が出るときに行われている治療法となります。
このほかに扁桃腺炎は薬を使って治療をする方法があります。
抗生剤や消炎剤を使って症状を改善させると言うことが行われています。
薬で治療を続けても効果が見られないという場合は、手術が行われるようになっています。
いびきの症状以外に、注意力や集中力がなくなったり、口呼吸をしているというような別の症状が見られる場合には、耳鼻科などの医療機関を受診することも必要です。

スポンサーリンク