MENU

扁桃炎がうつる原因について

スポンサーリンク

人間の喉は、空気が入ってくるところとなっています。
したがってたくさんのウイルスが入ってくると考えられています。
ウイルスが入ってくると言うことは、それらの感染を受けやすいと考えられています。
したがって粘膜下にリンパの集合体が発達していると言うことになります。
この集まった部分のことを扁桃と呼ぶようになっています。
基本的に免疫力が高くなっていますが、ウイルスや細菌の攻撃を受けたときにはしっかりと排除してくれるようになっているので、感染は引き起こされないようになっています。
しかし免疫力や体力が低下していると言うときには、感染を引き起こしやすく扁桃炎となってしまうのです。
扁桃炎の症状としては、喉が痛いと言うことが多いです。
このほかに扁桃炎の症状としては全身の倦怠感や発熱が見られるようになっています。
ウイルスや細菌に感染することが原因で発症するようになっています。
ストレスで免疫が低下しているときには、急性扁桃炎に感染する可能性が高くなります。

スポンサーリンク

そこで気になるのが扁桃炎はうつるのかと言うことです。
急性扁桃炎の原因は、ウイルスや細菌が扁桃に感染して炎症することとなっています。
したがってこれが原因となってうつると言うことはありません。
しかしここで注意をしなければいけないことがあります。
それは風邪のウイルスが原因となっている場合です。
風邪のウイルスが原因となっている場合には、くしゃみや咳などで周囲にまき散らすようになっているので、周りの人がうつることがあります。
しかし急性扁桃炎そのものがうつると言うことはありません。
しかしウイルスや細菌が原因となっているということで、うつる可能性が全くないと言うことではありません。
しっかりと治療をする必要があります。
病院を受診するという方法がありますが、ここでは抗生物質が処方されるようになっています。
扁桃炎の基本的な治療方法となりますが、扁桃の腫れや痛みを取り除くという効果があります。
しっかりと治療をすることでうつる可能性も低くなります。

スポンサーリンク