MENU

扁桃腺の腫れはうつるのか

スポンサーリンク

寒い時期になると、喉の痛みを感じることが多くなっています。
これは寒くなったことで空気が乾燥していると言うことが関係しています。
扁桃腺が腫れたことがあるという人が多くなっていますが、少しの刺激で扁桃腺が腫れることがあります。
体力が低下しているときやストレスがたまっているというようなときには、扁桃腺に付着したウイルスが増えてしまいます。
したがって赤く腫れるというような症状が現れます。
高い熱が出てなかなか下がらないと言うこともあります。
症状がひどい場合には、喉が赤くなるだけではありません。
扁桃腺に膿がたまって白くなってしまうこともあります。
熱がなかなか下がらずに、食事を満足に取ることができないので、普通の風邪よりもつらいものとなります。
集団生活をしているときには友達からうつることがあります。
このようにうつると簡単に家庭の中で広まってしまいます。
家族にうつることになってしまいます。
扁桃腺炎を繰り返すこともあります。

スポンサーリンク

扁桃腺炎では、喉が赤く腫れるようになっていますが、合併症を引き起こすこともあるので十分に注意をしなければいけません。
扁桃腺炎では大切なことがあります。
それは自然治癒させようとさえずにしっかりと病院を受診することになります。
これで腫れを早く解消させることができます。
病院を受診することで他の人にうつるのを防ぐことができます。
熱があり腫れがひどいときには、安静にしていても治らないことがあります。
この場合には抗生物質を服用する必要があります。
熱が下がり症状が落ち着いても、完治していると言うことではありません。
喉にまだ菌やウイルスがいると言うことで、うつる可能性があります。
完治させてうつる可能性が全くないようにするためには、抗生物質を医師の指示に従って飲み続ける必要があります。
自己判断で抗生物質を飲むことをやめると、さらに菌やウイルスが増殖することになります。
薬を正しくのんでゆっくりと休養することが再発防止につながります。

スポンサーリンク