MENU

膿栓の症状とうつるのか

スポンサーリンク

扁桃腺を見たときに、白くなり塊が発生しているというようなことがあります。
このようなときには何か病気が関係しているのではないかと気になってしまいます。
実際に扁桃腺にこのような塊が発生しているときには、膿栓というものの可能性があります。
膿栓とは白血球や細菌の死骸というものになるので、これが原因となって病気になることはありません。
しかし注意をしなければいけないこともあります。
風邪などが原因となって扁桃腺が白くなることがあります。
食事をするときに痛みを感じるようになっているので、非常につらいです。
膿栓にはどのような症状があるのかというと、扁桃腺の周辺が白くなります。
また慢性的に痛みを感じるというような症状があり、食事をすることもつらくなってしまいます。
このように扁桃腺が白くなってしまう膿栓ですが、うつることはないのか気になります。
人からうつることはないのかと言うことが気になりますが、扁桃炎や膿栓が人にうつると言うことはありません。

スポンサーリンク

しかし必ずしもうつることがないと言うことではありません。
ここで注意をしなければいけないことは、扁桃炎や膿栓そのものがうつると言うことはありませんが、扁桃腺を発症している人のくしゃみや咳によって、飛沫感染をすることがあるので注意が必要となります。
溶連菌などの細菌感染をしているというような場合には、抗生物質を服用して治療をしなければいけません。
このように膿栓が発生しているときには、人にうつると言うことはありませんが、症状を緩和させることが必要になります。
放っておいても自然に治るようになっていますが、やはり気になるという人がいます。
このような場合にはうがいなどで取りのぞくという方法があります。
違和感や痛いというような症状を感じることもあります。
しかしうがいをすることでこのような不快な症状を改善させることができます。
うがいをするときの水圧で膿栓を取りのぞくことができる可能性があります。
これで口の中がネバネバするというような症状も改善することができます。

スポンサーリンク