MENU

膿栓が出る原因と扁桃腺

スポンサーリンク

膿栓とは、喉の扁桃腺の近くにできる固形物のことを言います。
咳やくしゃみをした際に喉の奥から出てきたりもする白い塊のことです。
この膿栓が出来る原因は、扁桃腺にある免疫物質により退治される細菌であったり、食べ物のカスと言われてます。
そのため、膿栓は誰にでもできるものであり、病気の原因といったことではありません。
もちろん、多い・少ない等の個人差はあります。
また、膿栓はとても臭いため、口臭の原因になるのではとも考えてしまいますが、そちらも関係ないとされています。
口臭の場合は、虫歯や歯周病等の口内環境や胃腸等が悪い場合が多いためです。
膿栓が出来やすくなる原因として考えられるのは、主に2つあります。
まず1つ目に、風邪などの体調不良です。
風邪等を引くと細菌が喉に増え、扁桃腺の免疫物質により退治される細菌も増えるため、増殖してしまいます。
また口内の衛生環境が悪い場合にも口の中に細菌が多いため、膿栓が出来やすいと言われています。

スポンサーリンク

2つ目にストレスや疲れがたまっている時です。
ストレスや疲れをためやすい人はできやすいといわれている他、これらは他の病気の原因ともなりかねないため、注意しておく必要があります。
膿栓ができる原因は分かったとして、扁桃腺の部分にあるのが気になりとりたくなることもあるかもしれません。
しかし、自分で取る方法は扁桃腺を傷つけてしまったりする恐れがあるため、行わない方がよいとされています。
どうしても気になる際には、耳鼻科を受診してとってもらうのが、扁桃腺を傷つけることなく安全・確実と言えます。
それ以外の方法や予防としては、うがいをすることと口内を清潔に保つことが大事となります。
うがいはうがい薬を使って行うことで効果的とされています。
またこのことは口内の衛生環境を整えることにも繋がり、口臭対策としても有効になります。
また歯を磨く際等に、舌の下の歯茎の内側をしっかりと磨くことも有効とされています。
普段からうがいをする等して口内環境を保つことが重要といえます。

スポンサーリンク