MENU

扁桃腺にたまった膿栓の取り方

スポンサーリンク

ウイルスや細菌は、息を吸い込むことで体内に入っていきます。
これらが増殖すると、感染症を発症することになるため、体は侵入をシャットアウトしようとします。
その働きをしている組織が、扁桃腺です。
扁桃腺には穴があいているのですが、その中には免疫細胞が集まっています。
そして口から入り込んできたウイルスや細菌は、扁桃腺の穴にキャッチされ、その中で免疫細胞に撃退されることになるのです。
撃退されたウイルスや細菌の死骸は、穴の中でたまると、塊となって扁桃腺から排出されます。
乳白色の米粒のような塊なのですが、これがいわゆる膿栓です。
大きさも米粒と同じくらいなのですが、1センチを超える大きさになることもあります。
ウイルスや細菌の死骸ですから、膿栓には強い悪臭があります。
放置していると、不快な口臭が生じやすくなりますし、その中には生きているウイルスや細菌が混ざっている可能性もあります。
そのため膿栓は、大きくならないうちに除去することが肝心とされています。

スポンサーリンク

取り方は複数あるのですが、その中でも特に手軽な取り方として知られているのが、スポイトを使った洗浄です。
スポイトに水を含ませ、その水を扁桃腺に向けて勢いよく出すのです。
その衝撃で膿栓が穴から出てきて、水によって洗い流されるわけです。
また、シャワーを扁桃腺に浴びせるという取り方もあります。
この取り方は、一度に広範囲に水による衝撃を与えることができる分、複数の膿栓を除去できる点がメリットです。
膿栓が大きい場合や穴から露出している場合には、水を含ませていないスポイトで吸引するという取り方も有効となります。
吸引しなくても、先端でつつけば、その衝撃によって膿栓が穴からポロリと落ちてくることもあります。
こういった取り方が困難な場合には、耳鼻咽喉科を受診すると、除去してもらえます。
扁桃腺の穴の奥には、目には見えない膿栓が詰まっている可能性もあるので、うがいなどをしても口臭が改善されない場合には、早めに受診することが大事です。

スポンサーリンク