MENU

扁桃腺の膿栓の洗浄について

スポンサーリンク

喉の奥に塊が発生することがあります。
これを手で触ったときには、非常に強い臭いを感じるようになっています。
この塊は膿栓と呼ばれるようになっています。
扁桃腺の周辺に発生するようになっています。
膿栓がたくさん扁桃腺の周辺に発生することで、口臭の原因となってしまうことがあります。
したがって非常に気になるということがあります。
この膿栓は何とかして取りのぞくことができないと考えている人がいますが、自分で取りのぞくことができるようになっています。
扁桃腺の周辺に発生する膿栓ですが、強い臭いを持っているというのが特徴です。
したがって予防をすることが大切になります。
膿栓を予防するための効果的な方法は、口呼吸をするということになります。
口呼吸をすることで膿栓が発生するのを予防することができます。
口呼吸をすることで、細菌やウイルスを取り込みやすくなってしまいます。
したがってできるだけ意識をして鼻呼吸をするように心がけます。

スポンサーリンク

このほかには扁桃腺の周辺に侵入する細菌を予防するために、口の中を洗浄するという方法があります。
口の中を洗浄することで、口の中を清潔に保つことができます。
洗浄をする効果的な方法としては、うがいという方法があります。
うがいをするときには注意をしなければいけないことがあります。
うがいをするときには、膿栓が発生しやすい扁桃腺の部分にもしっかりと届くように洗浄をすることが大切です。
うがい薬などを使うことがありますが、このときにもうがい薬が扁桃腺にしっかりと届くように意識をします。
このほかに洗浄方法として緑茶に効果があると考えられています。
緑茶の中にはカテキンが含まれていますが、これは殺菌作用があるので、膿栓が発生するのを予防することができます。
1日3回の口の中の洗浄を行って、口内環境を常に清潔にしておくというのが一番の予防方法となります。
このほかに紅茶やアルカリイオン水にも予防の効果があると考えられています。

スポンサーリンク