MENU

膿栓の取り方とシャワー

スポンサーリンク

膿栓を取りのぞきたいと考えている人がいます。
これは扁桃腺のへこんだ部分に発生する塊のことになりますが、膿栓は潰すと非常に強い臭いを発生するようになっています。
したがって口臭の原因となっていることがあります。
歯周病などの症状がないのに口臭が強くなったと感じるときには、膿栓が発生しているという可能性が高くなります。
膿栓が気になるという人がいますが、これは放っておくと消えてしまうことがあります。
しかしどうしても取りのぞきたいというような場合には、次のような取り方があります。
それはシャワーを使った取り方ということになります。
お風呂に入って誰でも行うことができる取り方となっているので非常に簡単です。
シャワーを使った取り方は次のようになっています。
生活の中で咳をしたりくしゃみをすることで取れることがありますが、シャワーを使って外からしっかりと膿栓に働きかけることで、しっかりと取りのぞくことができます。

スポンサーリンク

シャワーを使った膿栓の取り方では、注意をしなければいけないこともあります。
それはあまり長時間喉に当てることで、水を飲みすぎて苦しくなってしまうと言うことです。
したがってシャワーを使うときには、あまり長時間行わないようにします。
シャワーを使った膿栓の取り方は、水圧の勢いで膿栓にしっかりと衝撃を与えてくれるようになっています。
まず口を大きく開けて鏡で確認をします。
そして発生している部分にシャワーを当てるようにします。
これで取ることができない場合には、痰が絡んだときのように咳をすると取れることがあります。
一瞬で勢いよく異物をはき出すような感じを意識するというのがポイントです。
取れると口から飛び出すようになっているので、注意をして確認します。
取れたときには口の中に苦味を感じるようになっています。
したがってうがいを忘れずに行うようにします。
このほかにもいくつかの方法があります。
注射器を使うとピンポイントで水を照射することができます。

スポンサーリンク