MENU

膿栓の取り方と綿棒について

スポンサーリンク

扁桃腺に付着している固形物というものがあります。
この固形物のことを膿栓と呼ぶようになっています。
膿栓は誰にでも発生する可能性があると考えられています。
扁桃腺はウイルスや細菌などの病原体が進入するのを防ぐという働きがあります。
膿栓とはどのような特徴があるのかというと、死滅したウイルスや食べかすが蓄積されることで、塊となっている状態となります。
膿栓に関しては、指で潰すという取り方がありますが、このときに非常に強い臭いを発生するようになっています。
これが口臭の原因となっていることもあります。
したがって取り方をしっかりと把握して対処する必要があります。
くしゃみなどの衝撃を使って取るという取り方があります。
口から自然に出てくることが多くなっていますが、放っておいても何か悪影響があるということではありません。
したがってとくに治療をしなければいけないと言うことはありません。
口臭が気になる場合にはしっかりと取りのぞくようにします。

スポンサーリンク

膿栓の取り方にはいくつかの方法がありますが、その中で綿棒を使った取り方があります。
綿棒を使って膿栓を取りのぞくことができますが、この取り方には注意をしなければいけません。
それは綿棒を使った取り方を行っているときに、くしゃみが出てしまうと、扁桃腺を傷つけてしまう可能性が高くなると言うことです。
扁桃腺は非常にデリケートな部分となっています。
綿棒の刺激によっても傷がつくこともあります。
したがって綿棒で強くこすりつけると、出血をしたり炎症の原因となってしまいます綿棒を使って自分で取りのぞくという場合には、十分に注意をしなければいけません。
また膿栓に関しては病院で取りのぞくこともできます。
病院で取りのぞく場合は、自宅で行うよりも安全性が非常に高くなります。
しかし自然に発生するものとなっているので、病院では取りのぞいてもらうことができない場合もあります。
気になって仕方がないという場合には、耳鼻咽喉科を受診するようにします。

スポンサーリンク