MENU

膿栓で喉が痛い症状について

スポンサーリンク

膿栓というものがあります。
これは喉の奥にできる塊のことで、強い臭いを発生するようになっています。
このように膿栓が発生しているときには体にいくつかの症状が現れることがあります。
その中で痛いというような症状があります。
咳をしたときなどに喉の奥から固形物が飛び出してくることがありますが、この球状の塊が膿栓と言うことになります。
実際に咳をしても出てこない人や気がつかない人もいますが、扁桃腺のへこんでいるところに発生していると考えられています。
これは細菌の塊と言うことになります。
しかし細菌の死骸の塊と言うことなので、体に悪影響を及ぼすと言うことはありません。
膿栓は扁桃炎の時に発生することがあります。
扁桃炎には次のような初期症状があります。
それは喉が痛いと言うことです。
喉が痛いという症状がありますが、症状が悪化すると喉が痛いと言うことで水を飲むことができなくなってしまいます。
したがって注意が必要となります。

スポンサーリンク

膿栓が発生しているときに、喉が痛いという症状が関連していると考えている人がいますが、膿栓が喉が痛いという症状を発生させていると言うことではありません。
扁桃炎で細菌などと戦った後に、塊が発生していると言うことなので、ここに痛みとの大きな関連性はありません。
扁桃では常に外部の細菌やウイルスを取りのぞくために働いています。
とくに寒い時期になると空気が乾燥します。
したがって細菌やほこりなどが舞い上がって体に侵入しやすくなっています。
その結果いつもよりも大きい膿栓が発生するというようなこともあります。
口臭が強くなったと感じるときには喉を確認するようにします。
塊を発見することができます。
臭いが気になるということで何とかして取りのぞきたいと考える人がいます。
この場合綿棒などを使うと考える人がいますが、これはあまりよい方法ではありません。
扁桃腺の粘膜を傷つける可能性があるからです。
したがって安全な方法としては、カテキンの入った緑茶でうがいをするという方法があります。
これで殺菌の抑制効果も期待されています。

スポンサーリンク