MENU

扁桃腺が痛いのは、付着している白い塊が原因

スポンサーリンク

扁桃腺で発症する病気には、いくつか種類があります。
主に、急性扁桃炎や慢性扁桃炎、扁桃周囲炎です。
慢性扁桃炎は、急性扁桃炎を繰り返している状態です。
薬での改善ができなくなった場合には、手術が必要になることがあります。
扁桃腺が腫れて痛い時は、風邪をひいて発熱しているケースが多いです。
そのため、通常は熱が下がると痛みも治まります。
ただし、免疫力が弱い小さな子供の場合は、扁桃炎にまで進行する可能性があるので、十分な注意が必要です。
扁桃炎を発症した場合、扁桃腺に白い塊が付着します。
この白い塊は、細菌に感染することで膿が溜まっている状態です。
このような状態がひどい場合、切開して膿を出す手術をすることもあります。
膿を出すと、すぐに症状が改善します。

スポンサーリンク

扁桃周囲炎は、主に30代の男性が発症しやすい病気です。
症状としては、扁桃炎を繰り返した結果、扁桃腺の周囲にも炎症が広がっている状態です。
特徴としては、非常に喉が痛いことです。
膿がたまり、ひどくなると食べ物を飲み込む時だけではなく、唾を飲み込む時でさえ痛いと感じます。
そのため、食べることが困難になり、脱水症状になります。
早めの治療、あるいは扁桃炎を予防することが大切です。
また、特に痛いというわけではない場合でも、白い塊が確認できることがあります。
これは、膿栓である可能性があります。
扁桃腺には、細菌やウイルスを捕らえるために、小さな穴がたくさんあります。
その部分に、食べ物のカスがたまってしまうことがあるのです。
それが膿栓です。
ふだんの生活に支障がなければ、特に問題はないのですが、気になるようでしたら病院で除去してもらいましょう。

スポンサーリンク