MENU

熱などの症状が現れたときは大人でも罹る急性扁桃腺炎の可能性あり

スポンサーリンク

発熱や喉の痛みなどの症状が現れる病気として風邪がありますが、このような症状が現れたからといって必ずしも風邪を引いているとはかぎりません。
他の病気の兆候として発熱や喉の痛みなどの症状が現れている可能性があるのです。
風邪とよく似た症状が現れる病気として扁桃腺炎があります。
この病気は子供も大人も共通して罹る可能性がある病気です。
扁桃腺炎とは舌の付け根の部分にある扁桃という臓器が細菌やウイルスに感染して増殖をしてしまうのが原因ですが、この扁桃腺炎という病気はその症状が非常に風邪に似ているのです。
そのため、扁桃腺であるということに気付かずに風邪の治療を行い、その間に病状がさらに悪化してしまうケースがよくあるのです。

スポンサーリンク

扁桃腺に罹った場合、ごく初期の兆候としては喉の傷みやつばが飲み込めないなどの比較的軽い違和感を覚えることになります。
しかし、このような違和感があるにもかかわらず適切な治療を行わないでいると、やがては関節の傷みや発熱などの不快感が増していくことになります。
特に大人の場合、日常のストレスや過労などから身体の免疫機能が弱ってしまい、扁桃に細菌やウイルスが感染、増殖しやすい状態になるため扁桃が炎症を起こしやすいとされています。
また、大人の場合、扁桃が炎症を起こしているにもかかわらず適切な治療を行わないことが多いのですが、頻繁に扁桃が炎症を起こすことが続いてしまうと慢性のものへと移行してしまい他の臓器に合併症を引き起こす原因となってしまう可能性もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク