MENU

扁桃腺肥大の手術をする時は大人になってから

スポンサーリンク

扁桃腺は喉の奥にあり、体に害のあるウイルスや細菌が侵入してくると自ら炎症を起こしウイルスや細菌と戦う働きがあり、体を守るための大切な役割をしています。
この扁桃腺には、大きく腫れる扁桃腺肥大という症状があります。
扁桃腺肥大になる原因は主に3つあります。
1つ目は体の成長で大きくなってしまう、2つ目はウイルスや細菌が侵入して大きくなってしまう、3つ目が遺伝や体質で大きくなってしまうです。
扁桃腺は3歳頃から6歳頃にかけて、大きくなりまた小さくなるのが一般的ですが、小さくなる時に炎症が度々起こると小さくならず大きいまま大人になる事があります。
基本的に問題はありませんが、睡眠時無呼吸症候群になる事があるのでその場合は注意が必要です。

スポンサーリンク

ウイルスや細菌の侵入で扁桃腺肥大喉の症状が出ている場合は、ウイルスや細菌が体からなくなると治るのが一般的です。
しかしなかなか肥大が治らない場合は慢性的になっている可能性があるので、病院で診てもらう方が良いです。
遺伝や体質でなっている場合、免疫力が少し低下しただけでも扁桃腺がすぐに反応して熱が出たりする事があります。
大人になってもすぐに熱を出しやすい方は、このような場合が多いです。
すぐに扁桃腺肥大の症状が出たり、睡眠時無呼吸症候群の症状がある場合は手術を行い扁桃腺をとることもあります。
子供でも大人でも出来ますが、喉の奥を切るため痛みが強く痛み止めの薬を服用しますが、食事も大変になるため大人になってから行う方が良いです。

スポンサーリンク