MENU

疲れている時口臭が酷いなら原因は膿栓かもしれない!

スポンサーリンク

原因はいくつかありますが、その中に疲れというのも含まれます。
口臭の原因にもなるため、匂いエチケットも気になります。口臭ケアをしているのに匂いが解消されない時、その原因が膿栓であることも考えてみてください。

 

【膿栓の原因は?】
扁桃腺の少し奥にはくぼみがあります。
そのくぼみにできるのが膿栓です。大きさは個人差もありますが、米粒程度で、できる場所によっては見えないこともあります。
細菌や食べかすなどの老廃物から作られる塊のため、腐敗臭がします。食事をして歯磨きをしても、口臭が消えない時は膿栓の可能性を疑ってみましょう。
誰もができるリスクを持っていますが、口呼吸をする人はドライマウスになりやすく、原因を作りやすいと言われています。

 

【疲れた時にできるの?】
他にもできる原因としては、ストレスや疲れがあります。
疲労が蓄積されると、免疫力が低下します。
免疫力の低下は扁桃腺がある粘膜の抵抗力も弱くします。この時代謝も低下するので、食べかすや雑菌が付着しやすく、それをうまく排出できずためこんでしまうのです。
疲れがひどく、歯を磨いても口臭が消えない時は、喉の奥を見てみましょう。
白い塊があったら膿栓の可能性が高いです。

スポンサーリンク

 

【自分で取ってもいいの?】
存在している限り匂いはしますが、知らずに飲み込んだり、くしゃみをしたり鼻をかんだりした時に出てくることがあります。
この時匂いを嗅ぐととても臭いので直ぐにわかります。口を開け鏡で喉の奥を覗き込むと存在が確認できますので、取ろうとすることがあります。
しかし無理に取ろうとすると、喉を傷つけてしまうのであまりおすすめできません。

 

【病院で取ってもらう時の注意点】
膿栓を病院でとってもらう場合は耳鼻咽喉科に行きますが、誰にでもできるリスクがあり、あっても特に危険ではないため、取ってくれない病院もあります。
事前に除去してもらえるか確認しておくと安心です。

 

膿栓は疲れが原因でできることがあります。疲れにもいろいろ種類がありますが、疲労がたまっていて免疫力が下がる、喉を酷使するなども含まれます。
疲れがたまっていて口臭の原因が思い当たらない時は、膿栓かもしれません。

スポンサーリンク