MENU

膿栓が取れないし苦しい時の解消法と対策

スポンサーリンク

膿栓があってもうまく取れないと苦しいし、臭いし色々と大変です。
口臭の原因にもなりますので、解消するために対策を覚えておくと安心です。
膿栓が取れない、苦しい時の解消法と対策を紹介します。

 

【膿栓とは?】
膿栓というのは、喉の奥の扁桃部分に、粘液や細菌によりできてしまう膿のようなものです。
大きさは米粒程度ですが、喉がイガイガするなど違和感を覚えます。違和感だけならまだなんとかなるのですが、老廃物の塊が腐敗しているのでかなり悪臭がします。
自分の喉の奥にあるだけでも、鼻に抜ける腐敗臭が感じられますし、口臭の原因にもなるので周囲にも嫌がられてしまいます。

 

【取れないし苦しい時の対策】
膿栓は目で確認できますし、中には綿棒で取る人もいます。
さらには見えていないところにもできるので、目で確認できないところに出来てしまうと違和感や口臭は、一行に解消されません。
米粒ほどの大きさでも、喉が詰まったようになり苦しいですし、取れそうで取れないとイライラしてしまいます。

スポンサーリンク

 

【膿栓ができやすい人】
体質などもあるので、できやすい傾向がある人は悩みも増えます。できやすいのは、鼻呼吸ができず口呼吸をしてしまう人です。
常に口から雑菌やホコリを吸い込むので、喉にたまりやすく、口が渇きドライマウスになります。ドライマウスは粘膜を弱らせ、細菌が住みやすい環境を作ります。
後鼻漏の人もできやすい傾向があります。

 

【取れない時の対策と解消法】
取れないからと無理に喉を刺激すると、炎症を起こしてしまいます。
多くの場合綿棒で解消しようとしますが、取れないかと無理をすれば、喉を傷つけます。
苦しいのにさらに悪化させますし、他の問題も出てきます。こういう場合は耳鼻科に行けば安全に取ってもらえます。
膿栓ができる人は、何度も繰り返す傾向があるので、面倒でもその都度耳鼻科で取ってもらうのがおすすめです。
耳鼻科なら苦しい思いをせずスッキリ解消できますし、対策も教えてもらえます。

 

膿栓は自分も苦しいし、口臭の原因となって人にも不快感を与えてしまいます。解消法と対策を覚えておけば、自分も気分よく過ごせますし、エチケット対策もできます。

スポンサーリンク