MENU

扁桃炎に抗生物質が効かない理由

スポンサーリンク

扁桃炎には抗生物質が効かないと言います。そのときどのような理由を考えることが出来るのでしょうか。
扁桃炎になれば、発熱、更に倦怠感、寒気や頭痛などの症状に悩まされることになります。
その症状は、風邪と間違えることも多くあるようですが、喉の症状が風邪が理由の時よりも重く、やっぱり、ちょっと違うという感じではないでしょうか。
更に、熱もかなり高熱になることがあり、白い膿みなど付着することがあります。

 

【扁桃炎に抗生物質が効かない理由は】
実際に、扁桃炎には、抗生物質が効かないという声を多く聞きます。
実際に、抗生物質が扁桃炎に効かない理由・原因など追求すれば案外判りやすいことだったのです。
その理由は、ウイルス、細菌などに理由を見付けることが出来ます。

スポンサーリンク

 

【効かない場合、ウイルスや細菌などに原因が?】
扁桃腺とは、そもそも、ウイルス、細菌が、身体の中に入ろうとすることを、防ごうとする免疫の機能を持っています。
だから、通常であれば、このような菌が増殖することがなく済むことが出来ます。
しかし、私達が過労していたり、ストレスを多く抱えていたりすれば、免疫が低下して、扁桃腺に、増殖してしまうことになります。
増殖してしまうことで、扁桃炎など起こってしまうことになりますが、抗生物質は、ウイルス、細菌を、殺菌する目的で使用されます。
ウイルスに対して、実際に抗生物質は効かないことはなく、かなり効果を期待出来るはずです。
しかし、このとき、インフルエンザウイルスに対してはどうかといえば、インフルエンザウイルスには、効果的でない理由が存在していたりします。
そのようなシーンにおいて、使用されるのは抗ウイルス剤ということには間違いがありませんので、薬を変えたりします。
抗生物質に対して耐性を持っている菌を持っているという理由でも、更に、抗生物質を他の病気で使用していたという理由でも、効果が薄いケースがあり、あまりいい結果を期待出来ない場合もあります。
ただし、扁桃炎にそれは効かないということでではありません。

 

通常は使用せず、解熱鎮痛薬などによって経過をみる場合があります。慢性化してしまっているような場合、治療に使われるものであり、医師の指導のもと適材適所でそれが使用される必要があります。

 

スポンサーリンク