MENU

扁桃体を鍛える方法について

スポンサーリンク

人は誰しも多かれ少なかれストレスと付き合いながら生きていきますがストレスはイライラやなどの感情から生じています。
この感情を司っている部分は扁桃体という脳の中央下部辺りに位置する約1.5cm程度の大きさの器官です。
そしてこの扁桃体は海馬と呼ばれる記憶や学習を司る器官と繋がっており、それらの好き嫌いを判断しています。
つまり快、不快の感情は扁桃体によって決められているのです。
そのためストレスを軽減させるには扁桃体を鍛えることが良いとされています。
では実際に鍛える方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
鍛える方法は大きく分けて2種類で精神的な方法と物理的な方法があるのでそれぞれについて見てみましょう。

スポンサーリンク

まず精神的な鍛え方には自然を感じる、感情を吐き出すなどの方法があります。
これらは生じてしまったストレスを取り除くためにも非常に有効です。
テクノロジーが進歩して冷暖房の普及したことにより多くの人は寒暖を感じる機会が以前よりも減ってきています。
そんな中で意図的に皮膚感覚に刺激を与えていくことで五感を活用して鍛えていくのです。
自然を感じることは心を落ち着けリラックス効果もあるので疲れたときなどに試すと良いでしょう。
次に物理的なやり方ですがたんぱく質を摂取するというものがあります。
たんぱく質は分解されるとアミノ酸になることは有名ですがこのアミノ酸はセロトニンという脳内伝達物質を作り出すので脳の健康に欠かせません。
そのため青魚などを中心にたんぱく質を摂取していくと良いでしょう。
これらのようなやり方で扁桃体を鍛え、ストレスに負けない脳を作ってください。

スポンサーリンク