MENU

扁桃腺手術、日帰りも可能だがまずは診察

スポンサーリンク

扁桃腺とは、舌の左右付け根あたりにあるリンパ組織で、ウイルスなどの病原体が体内へ侵入するのを防ぐ働きをします。
形状はアーモンド型をしており、大きさは5〜7歳程度で最大となり、その後12〜13歳ころには縮小化が進み、大人になるとだいぶ小さくなってしまいます。
中学生ころには体内すべてのリンパ組織の免疫機能がじゅうぶんに発達するため、扁桃腺が活躍するのは幼少期のうちといわれています。
そのため、大人にはあってもなくてもいい組織とも考えられ、扁桃腺が腫れて高熱が出る、いびきや無呼吸症候群などの睡眠障害が起こる、炎症の繰り返しで膿が溜まるなどのトラブルを頻繁に起こしてしまう人に、入院が必要は摘出手術または日帰りも可能な切除手術を勧める場合があります。

スポンサーリンク

扁桃摘出手術は、全身麻酔で行う場合が多く、術前の検査や術後経過を診るため1週間程度の入院が必要となります。
術後しばらくはのどの痛みが強く、つばを飲み込むことさえ困難になることもあります。
大人になる程術後の痛みが強く、回復力の高い子どものうちに受けさせることが多くありました。
扁桃切除手術は、レーザーを照射し扁桃腺を部分的に焼き、取り除く方法で、日帰りでも受けることができます。
日帰り手術は仕事や家庭の事情で、1週間程の入院が難しいという人には有り難く、この術式を受けられている人もいます。
しかし、完全に扁桃腺を取り切るわけではないので、トラブルの解消にどの程度効果があるのか、きちんと医師に相談することをおすすめします。

スポンサーリンク