MENU

扁桃腺の役割と作用は

スポンサーリンク

扁桃腺は口蓋垂の両脇にあるものです。
口をあけるとのど奥の左右、舌の付け根部分にこぶのように見えるものがそれです。
扁桃腺は体内への入り口となるのどに位置する番人のような役割を果たしており、口から侵入を試みる細菌やウイルスなどさまざまな病原体に作用して体を防御しています。
特に免疫機能が未熟な幼少期はこの扁桃腺の果たす役割が大きく、この器官の作用によって子ども達の体が病原菌から守られているといっても過言ではありません。
ただこの扁桃腺が大きな働きをするのは幼少期に限っての話です。
もちろん大人になると無用の長物になってしまうわけではありませんが、病原体から体を守る役割は体内の他の部分が担うようになるのです。

スポンサーリンク

第二次成長期を迎える頃になると、人間の免疫機能の発達も最終段階を迎えます。
体内ではリンパ節が発達し、免疫機能の重要な部分をこの器官が担うことになります。
それと共に扁桃腺も役割を終えますが、病原菌に対して何も作用しないわけではありません。
病原菌から体内を守ろうとはしているので、その結果として大きく腫れあがってしまうことがあります。
この状態になると高熱が発生し、のどの痛みや関節痛を招いてしまいます。
なかには腫れやすい体質の人も存在しており、免疫機能が発達した段階でこの器官を切除することによってその弊害を取り除くこともあります。
仮に切除してもその他の器官が免疫機能を補ってくれますので、日常生活に支障をきたすようなことはありません。

スポンサーリンク